過ぎたるは及ばざるが如し ~ 資料は少ないほどよい

研修やコンサルティング、プロジェクトを行っていると、気付くことがあります。

それは多くの人が

「自分のアウトプット(提出物)の分量が多ければ多いほどよい」

と考えているのではないか、ということです。

特に「報告書」や「提案資料」などでそれを強く感じます。

 

(私を含め)多くの人が、学生時代は読書感想文やレポートなど、なかなか書けなくて困った経験があるはずです。そこで

文章を書くのは大変 = 文章をたくさん書くのはすごいこと = 良いこと

という”変換”が出来てしまったのかもしれません。

 

しかし、自分が読む立場で考えてみてください。

1ページの報告書と10ページの報告書、どちらが読む気になるでしょうか?

5ページの資料と50ページの資料、どちらが頭に残るでしょうか?

 

もちろん、事故調査の報告書など、削ろうにも削れない資料もあるでしょう。

とはいえ、一般にはこういった資料やアウトプットの類は「少なければ少ないほど良い」と考えた方がよいのではないかと思います。

私もどちらかというと「たくさん書いてから、削る」作業の方が多いものです。

大事なのは量ではなく質。

「どうやったら増やせるか?」よりも「どうやったら減らせるか?」

を資料作りでは考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA