何かを否定したくなったときこそ自分自身を見つめ直す

人間、年齢を重ねると、どうしても頭が固くなります。

そして「自分の常識とは異なるもの」を否定したくなります。

たとえば「Youtuberが小学生のなりたい職業に!」などというニュースを見ると

Youtubeに動画をアップしてるだけでしょ、バカバカしい。憧れの職業だなんて世も末だ」

と思ってしまいませんか。

 

とはいえ、冷静に考えると、生まれたときからテレビよりもYoutubeに親しんでいる小学生にとっては、テレビにいつ出るかわからない芸能人よりも、スマホなどでいつでも見られるYoutuberの方が憧れの存在なのかもしれません。

自分の常識や好みと違うからといってなんでも否定してしまうと、新しいことを学ぶことができなくなります。

 

これはビジネスにおいてももちろん同様です。

私は化粧品のいわゆる高級ブランドに勤務していたのですが、2000年前後くらいまで、

「高級ブランドはWEBサイトを持つべきか」

という議論がありました。

 

その理屈はこうです。

高級ブランドは限られた一部の顧客を対象にビジネスを行い、そのブランドのイメージのコントロールにも細心の注意を払う。出店も一等地やデパートなどに制限している。

だから、たとえば誰でも目にすることができるテレビCMなどは、対象顧客への到達としても、ブランドイメージの保持としても、ふさわしくない。

広告も、ブランドイメージに合致した雑誌などに制限すべきである。

では、WEBサイトはどうか。

WEBサイトというのは、インターネットにつないでURLを打ち込めば、いつでも誰でも目にできる広告手段である。雑誌などと違い、幅広い人が目にする可能性がある。

だからブランドイメージの保持という点で、高級ブランドはWEBサイトを持たない方がよいのではないか。

 

…と、このようなことが、本気で議論されていたのです。

今となっては、高級ブランドであろうとなかろうと、WEBサイトがないというだけで逆に大丈夫?と思われてしまいますよね。

おそらく当時は「高級ブランドの情報伝達は雑誌や店舗、プレス発表会など、限られた場所でやるもの。だからホームページなんていらない」という人がいたのでしょう。

それは今の「Youtuberなんて…」という人と同じかもしれません。

 

自分が否定したりバカにしたくなったときこそ

「私は変化に対応できず、昔に固執してしがみついているだけではないか?」

と振り返る勇気が必要なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA