欠けている部分に気を取られていませんか

f:id:yoheikomoto:20180123165009j:plain

上記画像はAmazonより引用)

あなたが上の画像を見て、どこに目が行きますか?

おそらく右の欠けた部分ではないでしょうか。

「ドーナツが(本来の8割以上は)ある」

ことよりも、

「ドーナツが欠けている」

ことの方に意識が行くはずです。

このように人間は、どうしても欠けているもの・足りないものに目が行きがちです。

そのため「8割できている」部下に対して、そこを褒めずに「2割できていない」部分を指摘、注意してしまいます。

しかしそれよりも大事なのは「8割できている」ことの方ではないでしょうか。

だからそのようなときは

「あなたの(2割の)ここがダメだ」

ではなく、

「あなたの(8割の)ここが素晴らしい。残りの2割を伸ばせばさらにもっと良くなる」

という指導をすべきです。

つい「欠けている部分」「足りない部分」を指摘したくなりますが、それよりもまず「できている部分」を褒めるところから始めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA