ルミネtheよしもとの芸人さんの「伝える」コツ

先日の東京出張時、新宿で空き時間があったので、ルミネtheよしもとを見に行ってきました。

http://www.yoshimoto.co.jp/lumine/

このようなお笑いライブを見たのは初めてでした。
私が見た平日の日中は前売り2,000円、当日2,500円と映画プラスアルファくらいの値段で、ふらっと入れる価格帯です。

テレビでもよく見るような芸人さんが70分、コントや漫才などを披露していました。
テレビではできないような、芸能界の薬物問題だとか下ネタとかがけっこうありました(笑)。

私はお笑い評論家でもなんでもないのですが、芸人さんの言動の中に
「これは、私たち一般の人でも『伝える』ために大事なポイントだな」
と感じる発見があったのでご紹介します。

売れている芸人とそうでない芸人の違いとは

本編の前に、いわゆる「前説」として若手芸人が登場します。
そこで注意事項を説明したり、吉本興業のプロモーション活動を紹介したりしつつ、ひと笑いとって会場を温め、その後の芸人さんがやりやすくするのです。

失礼ながら、前説は無名の芸人さんが担当するため、技量もまだまだです。
その前説の芸人さんと、本編の売れている芸人さんを比較すると、こんな違いがありました。

売れていない芸人は、常に「ウケているか」を気にしている。

売れている芸人は、常に「自分たちのネタ」をやりきる。

前説の売れていない芸人さんは、何かボケるたびに「今のはウケましたね!」「あれ全然ウケなかったですね!」といちいち客席の反応を気にしていました。

これが続くと、客の私たちとしては「私たちが笑うかどうかをチェックされている」ような気分になってしまい、気が散ってしまいます。
「ウケているかな!?」という芸人さんの緊張がこちらまで伝わってきてしまうのです。

一方、売れている芸人さんは、このようにわかりやすく客席を気にすることはしません。
ウケてもウケなくても、いつも通り、自分たちのネタをやりきります。
だから見るこちら側としても安心してネタに集中できます。

それに売れている芸人さんは、ウケなかったときの「カバー」する技術もあります。
ウケなくても「今の、全然ウケへんかったやないか!」とつっこんだり、セリフに詰まっても「噛んだ(言い間違えた)けど言い直さなくていい?」などと笑いに変えるのです。そのため、「あれ、最初のはわざとすべったの?」と思ってしまうほどです。

そうやって堂々としていれば、仮につまらなくても「笑いの感覚が自分と違うだけなのかな」と、こちらが悪いような気になってきます(笑)。

聴衆への気遣いは大切だが、気にし過ぎは禁物

これは芸人さんだけでなく、私たちの普段のプレゼンなどにも通じます。

プレゼン中にずっとおどおどして、「すみません、今のはわかりにくかったかもしれませんが…」「自信がないんですが、自分ではこれでいいと思うので…」などと聴衆の様子をうかがっていたらどうでしょう。

それは相手=聞き手のことを気にかけているようで、自分のプレゼンに自信がなく、集中できていないだけです。

たとえ自信がなくても「さあ、私の発表を聞いてください」と堂々としていたほうが、聞く側も安心して集中して聞くことができるでしょう。

伝える相手、聞き手を「気にかける」ことはある程度は必要ですが、「気にしすぎる」ことはよくありません。

プレゼンなどでは、私が主役だ!という堂々とした姿勢で臨むことが大切だ、とルミネtheよしもとで気付かされました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA