◯◯するだけで上位1割になる!?

数年前のことです。

ある人から「相談をしたい、意見がほしい」との連絡があり、打ち合わせの席を持ちました。

私としては、私の意見が役に立つのならなんでもお話ししますよ、くらいの気持ちで打ち合わせに臨みました。

ところが、その人はほぼ一方的に説明をするのみです。

私に意見をもらうのに、この前提説明の理解が必要なのかな?と思って聞いていたのですが、いつまでも私に質問してくる気配がありません。

結局、その人との打ち合わせは、その相手の話が9割、私の話が1割ほどで終わり、

「あれ、私の意見が欲しかったんじゃないの??」

という気分で席を立ちました。

このように、人というのは「話したい」ものです。

自分の話を聞いてほしいのです。

特にビジネスの最前線にいるような人たちは自分の考え、意見があります。

それを「相手にわかってもらいたい、聞いてもらいたい」という願望があります。

私の体感では、打ち合わせで同席するような経営者の方だと、9割がそのタイプです。

「自分は話すよりもあなたの話を聞きたい」という姿勢の人は、1割以下です。

これは逆に言えば、「聞く」ことに集中するだけで、話したい9割の人に満足してもらえるということです。

もちろん「聞く」ことも技術がいるので、ただ黙ってウンウンうなずけばよい、というわけではありません。

とはいえ、「話したい」気持ちをグッとこらえて「聞く」だけで、相手に満足してもらえる可能性が高まるのです。

あえて「話す」よりも「聞く」ことが相手に満足感を与えるコツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA