プロは適切に誘導する

居酒屋にて…

「すみません、今日はどれがおすすめですか?」

「ウチは全部おすすめですよ」「お客様のお好みしだいですね」

こんな風に言われたらどうでしょうか。

「いや、そうかもしれないけどさ、せっかく聞いているんだから…」

と思うことでしょう。

あなたも自分が聞かれる側になったとき、同じことをしていないでしょうか。

あなたはプロですし、いろいろなメリット・デメリットがあることはわかっています。
一言で言うのは難しい、ということもあるでしょう。
ひとつの正しい選択肢なんてない、という気持ちもわかります。

だからつい「お好みです」「ご希望しだいです」といった言い方をしてしまいがちです。

しかし相手はプロではなく素人なのですから、プロであるあなたに「最善の選択」をしてほしいと思っています。
もちろん唯一の正解などないことはわかっていますから、せめて「最適なおすすめ」くらいはしてほしいのです。

特に個人的な買い物などと異なり、業務的なやり取りは「一番いいと思われる方法なら、それでいい」と考えているものです。
専門知識のある人に「私の専門なら、こう考えます」と提案してほしいのです。

「私だったら」などの前置きをしてもよいので、プロならば一番のおすすめ、特に「どうすればよいか」を言い切って教えてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA