高級ブランドビジネスで身についた習慣

私はラグジュアリーブランド、いわゆる高級化粧品ブランドのマーケティングを長年行ってきました。

その経験でよかったと思うことがひとつあります。

それは「値引きして売る」というクセや習慣が身につかなかったことです。

ラグジュアリーブランドなので、マーケティング施策として値引きするという選択肢は初めからゼロです。

そのため他の方法で、むしろ高く売るにはどうするか=より大きい価値を感じてもらうにはどうするかを考え抜くことが習慣となりました。

値引き、安売りは誰でもできる行為です。

値札を書き換えれば済むのですから、知恵も工夫もいらない施策です。

ということは、あなたが値引きをしたら、他社も対抗して値引きをカンタンに始められるということです。

すなわちそれは、値引き競争の始まりです。

「そうはいってもそれは高級ブランドだからできることだろう。このご時世、安くしないと売れないのは事実だ」

こう思う人もいることでしょう。しかしここには誤解がひとつあります。

「高級ブランドだから高く売れる」のではなく

「高く売れるから高級ブランドになった」のです。

「~はブランドだから○○だ」と安直に言う人がいますが、そのブランドは一朝一夕で作り上げたものではありません。

それに高いお金を出してもいいな、と思う人がいるからこそ、ブランドになるのです。

逆に言えば「これは値引きしないけどどうしても欲しい」という魅力や価値がなければ、ブランドとはみなされません。

もちろん価格施策も大事ですが、安易に値引きをせずに魅力を高めるにはどうすればいいかを考えてみませんか。

※ブランドについてさらに詳しくはこちら。会員になると無料で読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA