「良い話し方」「相手に伝わる話し方」と聞いて、あなたはどのようなイメージを持つでしょうか?

発声や滑舌が大切で…

芸能人のように相手の気持ちをひきつけて…

有名人のプレゼンテーションのように…

もちろんこれらも大切です。しかしそれ以前の伝えるための「話す型」ができていなければ意味がありません。

極端な話、小声でボソボソと話し、面白くない話であっても、「話す型」さえあれば伝わります。

特にビジネスにおいては、「伝える」ことがまずはスタートラインです。

提案や企画を通す、といった会社の命運を握る案件から、言った/言わないを防ぐといった基礎的なことまで、まずは正しく「伝える」ことが基本です。

そのためには「話して、伝える型」を身につけることが必要です。

パターン化してしまえば、「人前で話すことが苦手」といったことも関係なくなります。