あなたは小学生のころ、作文や読書感想文を書いたことがあると思います。

では、「どのように」書いたか、覚えていますか?
「作文の書き方」は習いましたか?

おそらく「あなたの思ったことを書きましょう」くらいしか記憶していないのではないでしょうか。

文章、特にビジネスに関する文章には「型」があります。

その「型」の習得が書く力の9割です。個性や味は残りの1割にすぎません。

ライターなど、書くことが仕事の人ですら、肝心の9割の「型」ができていないまま残り1割の個性を磨いても、相手に伝わって採用される文章にはなりません。

「何を」「どう」書けば伝わるか、必ず「型」があります。

マニュアルでも、社内伝達事項でも、お客様へのプレゼンテーションでも、まずはその「型」を身につけることが大切です。