クリティカルシンキングは「批判的思考」と訳されることがあります。

しかしそれよりも、

「ひとつの見方にとどまらない、多面的・多角的な思考」

と理解したほうがよいでしょう。

ロジカルシンキングは、道筋をコツコツと積み上げていくイメージの思考です。

それに大してクリティカルシンキングは「それって本当?」「そうじゃなきゃいけないの?」と前向きに疑い、前提から考え直す思考です。

たとえば初代のウォークマンは、スピーカーも録音機能もなく、「そんなの売れるわけがない」と言われました。

コツコツ積み上げるタイプの思考だけだったら、「だから売れない」と判断されていたことでしょう。

こんなときに「本当にスピーカーや録音機能は必要なのか?」「今あるからって絶対に必要とはいえないのでは?」と考えるのがクリティカルシンキングです。

ロジカルとクリティカル、両方必要な思考法です。