すべての仕事は3語にするとうまくいく

「ことば化」の最もシンプルかつ効果のあるやり方、それがこの「3ワード思考」です。

なぜ生まれた?

代表・幸本陽平の著作「実践 トライアングル式問題解決法」を簡潔にまとめました。

どのように使う?

目標達成や問題解決などを行う場合、それを次の3ワードにまとめます。

この3つを考えて実行する、それが3ワード思考です。

なぜ効果がある?

目標達成や問題解決がうまくいかない理由は、次の3つです。

  1. 現状を正しく認識していない。
  2. 目標・ゴール(どうなったら達成なのか、何を基準に解決と判断するのか)が決まっていない
  3. 現状→目標に変えるための行動が具体的でない

この3つ、現状・目標・行動を明らかにして、行動のヌケ・モレを防ぎます。

具体的には?

例、残業を減らしたい

1.現状 何時間残業している?
誰が・どんな業務で残業している?
残業についてどう思っている?
2.目標 月60時間→40時間に減らそう
売上も今の水準を保とう
6ヶ月後には達成しよう
3.行動 ホワイトボードに行動予定表を書き込もう
ペア制にして不在時の問い合わせに回答しよう
外回り時間を減らすために担当地域を見直そう

※ケースにより、これより簡易な場合・複雑な場合があります。

体験してみたい

1.研修・コンサルティングを受ける 2.セミナーで体験する 3.代表の著作を読む

お気軽にお問い合わせください。050-71-203040営業時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ お問い合わせフォームへ