デザイン思考 研修

ねらい、内容

デザイン思考とは、単なる技術起点でのモノの改善ではなく、「人」を起点としてあり方そのものを見直すことで問題を解決する思考法です。
真の顧客満足のために世界標準で取り入れられており、一連のプロセスとやり方が存在します。
デザイン思考を習得し、実践することで創造性を向上させ、社会の多様な変化に対応できる解決力を身につけます。

こんな人材を育てます

①問題解決の手法としての「デザイン思考」を、実際の社会問題などを通して実践形式で学ぶ。
②アイデアの創出や製品の改善、そのテストなど、一連の流れを体験し、デザイン思考を実行できるようになる。
③発想を柔軟にして思い込みを廃し、組織のファシリテーター(進行役)になることができる。

プログラム

1.デザイン思考とは
(1)身近なデザイン思考
(2)意見交換
(3)デザイン思考がなぜ必要なのか
(4)基本プロセス

2.デザイン思考のプロセス①~解くべき問題を見つける
(1)共感 ~ 情報を集める
(2)定義 ~ 解くべき問題を決める

3.デザイン思考のプロセス② ~ 考え、試す
(1)アイデア ~ 解決法を探す
(2)プロトタイプ ~ 試作品を作る
(3)テスト ~ 評価する

4.デザイン思考の実行①
(1)身近なモノをデザイン思考で考え直す

5.デザイン思考の実行②
(1)身近な問題について、デザイン思考を用いて解決する

6.まとめ

実施概要

名称デザイン思考 研修
目的モノではなく「人」を中心としたデザイン思考を身につけます。
対象者思考の枠組みを捉え直したい方
これまでとは異なる思考法を身につけたい方
人数最大30名
時間標準…1日 ※90分~2日なども可能です。お問い合わせください。
場所会議室など
持参物筆記用具 ※その他、必要な物品については事前にご連絡いたします。
講師幸本陽平 (株式会社東風社 代表取締役社長)
備考ワークなどを通じて「わかる」→「できる」を目指します。

※上記はあくまでも目安です。調整・変更等は可能です。
※詳細についてやお申込みはお問い合わせからお願いします。