プレゼンテーションとは

プレゼンテーションというと、

大勢の聴衆の前に立ち、画期的な新商品を紹介する…。
あるいは学会などで演題に立ち、自分の研究成果を発表する…。

そんなイメージかもしれません。

しかし「プレゼンテーション」はそのような大規模のものに限りません。

営業の商談で自社商品の良さを伝える。
上司に営業の成果を報告する。
部下に社内システムの操作法を説明する。

これらも広い意味で「プレゼンテーション」です。

なぜならプレゼンテーションとは「情報というプレゼントを渡す行為」全般を指すからです。

・相手にわかりやすく情報を伝え、
・それによって相手の思考や行為を動かす

このような行為はすべてプレゼンテーションです。

大切なのは「相手を幸せにしているか」

プレゼンテーションにおいても大切なのは「幸せ」です。

プレゼンテーションでやってはいけない典型は自分の伝えたいことを一方的に伝えること。

欲しくないプレゼントを押し付けられてもうれしくないように、
あなたが伝えたい情報が、相手も知りたい情報とは限りません。

相手の「幸せ」を基点にしたプレゼンテーションであれば、伝わります。