「言われた通りにやる」ことが難しい理由とは?

以前、まずは「言われた通りにやる」能力をというタイトルで

問題解決の前に、まずは「言われたことを言われた通りにできる」ことが大切である

とお伝えしました。

言われた通りにやるのは本来やりやすいはずなのに、なぜ難しいのでしょうか?

それにはいろいろな理由があると思います。

・簡単で、自分はできていると思いこんでいるから(実際にはできていないのに)

・自分のクセや習慣が無意識に入り込んでしまうから

さらに私はもう一つ、重要な理由があるのかと考えています。それは、

・言われた通りにやることはカッコ悪い、ダサいと思っている

です。

中学生のとき、英語を先生の言うとおりに発音するのが恥ずかしく、わざとAppleをアップルとカタカナ読みしていませんでしたか?

言われた通りにそっくりそのままマネをする、言われた通りにやる、というのは英語に限らず意外と「気恥ずかしい」ものです。

さらに、そのままマネをする=自分はできないことを認める、と感じる人もいるでしょう。本当にできることなら自分流に応用できるわけで、マネして言われた通りにせざるを得ない=自分は未熟者、という解釈をする人もいることでしょう。

ということは、「言われたことを言われた通りにやる」ために大切なのは、技術や能力よりも、心理的な障壁かもしれません。

言われた通りにやってほしい場合、「必ず言われた通りにやれよ」「それ以外のことをするなよ」と念を押すだけではなく、

「実はこの通りにやるのはすごく難しいんだ」

「この通りにやってくれって言っても、なかなかできないんだ」

などと、「言われた通りにやることがスゴイことなんだよ」と伝えてあげたほうが、「じゃあやってやろう」という気になるかもしれません。

意外とハードルが高い「言われたことを言われた通りにやる」、その障壁は心理面にあります。事前に取り除いてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA