伝え方研修

話す・書くの「伝える」力を3時間で伸ばします!

研修パンフレットのダウンロードはこちらから

 

特徴

①「伝える=情報のプレゼント」であるとして、話す・書くを中心とした「伝える」力が向上します。

②朝礼やスピーチ、提案や説明などの際、相手にわかりやすく話すことができるようになります。

③報告書や提案書など、わかりやすい資料を書くことができるようになります。

※ワークや事例紹介の時間をより多く取るなどして、6時間~の1日研修や2日間の研修で行うことも可能です。

プログラム

オリエンテーション ~ 伝える=プレゼント

1.目的(何のために渡すか)
あなたは何のために伝えるのか
伝えるとは●を○○○すること

2.対象(誰に渡すか)
「相手」ありきで伝える
相手が意欲・知識・求める

3.中身(何を渡すか)
結論から先に
理由とわかりやすい具体例
「わたし」ををプラスする

 

4.包装紙(どんな見た目で渡すか)
相手のための「わかりやすさ」とは
話す・書くを使い分ける
話の地図と現在地、見出し

5.渡し方(どのように渡すか)
相手が状態から情報を逆算する
とっさに返答するには

6.まとめ、おさらい

実施概要

名称人・組織が動き出す!プレゼントから学ぶ「伝え方」研修
目的話す・書くといった基礎的な伝える力が向上します。
対象者人前で話す、指示する、説明する、資料を作るなどの機会が多い方。
人数最大30名
時間3時間 ※1日や2日の研修にすることも可能です。
場所会議室など
持参物筆記用具 ※その他、必要な物品については事前にご連絡いたします。
講師幸本陽平 (株式会社東風社 代表取締役社長)
備考「朝礼でちゃんと話せるようにしてほしい」「まともに文章を書けるようになってほしい」から、顧客へのわかりやすい提案資料の作り方まで、受講される方(企業・組織)の目的は様々です。

※上記はあくまでも目安です。調整・変更等は可能です。
※詳細についてやお申込みはお問い合わせからお願いします。

お気軽にお問い合わせください。050-71-203040営業時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ お問い合わせフォームへ