新型コロナウイルスのマーケティング・経済への影響

世界各地で新型コロナウイルスによる大きい影響が出ています。

1月下旬頃、中国では春節で帰省できない、そして帰省先から戻れない、と騒がれていた頃は「中国は大変そうだなあ。日本の経済にも影響があるかもね。」と文字通り”対岸の火事”という印象で見ていました。

その後については、ここで私が改めて書くでもなく、あなたもご存知の通りです。

私の東風社のビジネスも、「対面」の業務が多いこともあり、少なからず影響を受けています。

リスク対策は経営者の役目、とはよく言われますが、このようなリスクは誰も想像しえなかったのではないでしょうか。

特に気になるのは、新型コロナウイルスは昨今のマーケティングのトレンドをすべて打ち壊すようなものであること。

たとえば、

  • モノ消費からコト消費へ … その「コト」自体が開催できない。
  • ミュージシャンはCDを売るよりもコンサートや物販で稼ぐ … その「コンサート」が不可。
  • シェアリングエコノミー … 他人が触ったものは不衛生で病気がうつりそうでイヤ。

幸い、リモートワークなどによって「働き方改革」が強制的に進みそうなのがせめてもの光明、でしょうか。

弊社も、主任・係長の学校の通信講座の立ち上げを、予定よりも前倒しで進めています。

この状況では、経営においても文字通り「特効薬」はありません。

じっと次の準備をしておくほかなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です